任意整理という方法もあります。

任意整理とは債務整理のひとつです。

簡単に具体的にいいますと、
現在の残債務を基本的に利息なしで3~5年程度で返済できる内容で契約を結びなおすということです。
これは、あくまでも債権者(貸しているほうの会社)が同意してくれた場合しかできません。
元々の契約ではいくらいくらの利息を支払うという内容になっているので、それに従った利息を得る権利が貸した会社にはあります。
ただ、貸している会社側からも、無理に返済して破産されたり、全く支払ってもらえなくなるよりは、元金でも返してもらった方がよいと考えるので、大抵は将来利息カットで契約を巻き直すことにOKしてもらえます。
これが、任意整理です。
デメリットもあります。約定通り返済できなかったことが信用情報機関に情報が登録されます。
新たにカードを作ったり、融資を受けることが難しくなります。

毎月支払いがきついなあ・・・と思い始めたときは、ご相談ください。
取引の期間が長い時は、過去の借り入れ利息が法定利息を超えている可能性もあり、債務が大幅に減ったり逆に過払い利息が戻ってくることもありえます。

大阪の女性司法書士 悠里司法書士・行政書士事務所 代表 まえかわいくこ

Filed under: 過払い・債務整理日誌 — yurioffice 3:40 PM

過払い請求はまだできます。

大阪の司法書士の前川です。

一時ほど「過払い、過払い」と言われなくなりましたが、
過払い請求はまだできます。

過払い請求の時効は基本的には取引終了から10年です。
借りたり返したりをずっと繰り返してきた場合、まだ過払い請求ができる可能性があります。

ですが、逆に取引終了から10年たつと過払い請求ができなることも意味します。

ご自身が過払いがあったかもしれない、あるいは今まだ残債務があるけど、もしかしたら払い過ぎになっているかもしれない、と心当りのある方は今のうちに何らかのアクションを取らないと手遅れになる場合も…。

悠里司法書士事務所(大阪) まえかわいくこ

Filed under: 過払い・債務整理のご相談 — yurioffice 3:19 PM

支払いがしんどいなと感じたら過去の取引を見直してみる

何社ものカードでキャッシングを利用されている場合、その取引によって、低い金利での取引であったり、過去に高い金利だったものが含まれていたりする場合があります。
そして、支払が苦しくなってきたときは、一度金利が高かった可能性のあるカードについて調べてみることをお勧めします。
取引履歴を請求するまでいかなくとも過去の金利が法定利息だったかどうかぐらいは、ご本人であれば電話で教えてくれるところもあります。(郵送での回答しかしない場合もあります)
過去の金利が高かった場合は、その過払金が生じている可能性があり、過払金を返してもらうことにより他の債務の返済にあて、支払が楽になることも考えられます。
もし、そのような状況の場合は、ご本人で判断されるご相談されることをお勧めいたします。

女性司法書士対応の悠里司法書士事務所(大阪市福島区)   司法書士 まえかわいくこ

PR 
>遺言書を作るなら公正証書遺言で  お気軽にご相談ください。

Filed under: 過払い・債務整理のご相談 — yurioffice 4:20 PM

モビットの消費者金融事業がプロミスへ?

モビットが来年の下期に分割されるそうです。
消費者ローン事業およびモビットブランドはプロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)が引き継ぐようですね。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGC2400O_U2A920C1EE8000/

悠里司法書士・行政書士事務所(大阪市福島区) まえかわいくこ

当事務所では、女性司法書士が対応いたします。

PR
過払い請求について
任意整理について

Filed under: 過払い・債務整理日誌 — yurioffice 1:35 PM

プロミス過払い請求和解成立

プロミスへの過払い請求のご依頼から1か月足らずで解決です。
入金も早くてご依頼者さまも満足されて、よかったです。

一時とは比較にならない対応の速さ。プロミス(現:SMBCコンシューマーファイナンス)も対応に余裕があるようですね。

とにかく、すぐに解決してよかったです。

大阪の女性司法書士在中の悠里司法書士・行政書士事務所 所長 まえかわいくこ

当事務所メインサイトご案内
会社の設立登記について
会社設立の費用

Filed under: 過払い・債務整理日誌 — yurioffice 4:50 PM

相談を決断したらすべてが進む

過払い金の請求や借金の返済について、たとえ司法書士等の専門家に対してでも中々自分から調べて相談してみようと決意するのは容易ではないことでしょう。

でも、ご相談されたみなさん口をそろえておっしゃること。
「もっと早く相談しておけばよかった」

たかが相談ですが、それによってすべてが進んでいくものです。
具体的な解決策がすぐに決まらなくても、話すだけで気持ちが違ったり、方法は色々あることが分かるだけでもその後の考え方、生活が変わることもあります。

大阪の悠里司法書士・行政書士事務所 女性司法書士 まえかわいくこ

Filed under: 過払い・債務整理のご相談 — yurioffice 6:49 PM

過払い金返還請求の順序

過払い金の返還請求にはいくつかの段階があります。

まずは、訴訟提起前に交渉です。
(最初から交渉が難しいところが圧倒的に多いです( ̄ー ̄;)

この交渉の段階で納得のいく金額で合意ができれば和解書を交わし、入金されれば終了です。

ただし、現在では大手の消費者金融を含めほとんどの相手は訴訟を提起しなければかなりの減額を要求されます。

訴外での交渉が決裂すれば訴訟を提起します。
訴訟提起後は、第一回目の期日までに和解できる相手や、二回目の期日までに交渉がまとまる場合、法廷に出てきていて裁判上での和解となるケースいろいろです。
和解ができない場合は、判決まで行きます。
判決が出ても、控訴される場合も少なくありません。
第一審が簡裁の場合は、次は地裁です。

最終的に判決が確定となります。

判決が確定し、相手が支払ってきたら終了です。
(相手方によっては必ずしも支払ってくるとは限りません)

大阪の悠里司法書士事務所 所長 司法書士 まえかわいくこ
◆女性司法書士が対応いたします!

Filed under: 過払い・債務整理のご相談 — yurioffice 2:40 PM

過払い請求をするか迷っている悩んでいる方に

ご自身の過去の取引の中でおそらく過払いになっている時期があっただろうと思い当たる点があったとしても、なかなか請求するきっかけがなかったり、司法書士等の専門家に相談するのも気が引けるし・・・という方も少なくないようです。

知人の知り合いの方で何人科の方は一度過払い金返還請求をしようと考え、当事務所にご相談の電話を頂けることになったものの、忙しくてそのままになってしまっている方も何人かいらっしゃる次第です。

もし、自分だったらと考えるともったいないな~と正直思ってしまいます。

取り戻すチャンスは今しかない方もおられます。

「消滅時効」という制度があるためです。
いざ取り戻そうという気になって動いてみたけど時すでに遅し・・・
引き直して計算してみたら数百万円の過払金が生じていたのに。といったこともあり得ます。

取りあえずは、ご自身で取引履歴を取り寄せ(これは大抵電話一本でお手軽にできます)てみてください。
可能であれば引き直し計算をご自身でされてみるのもいいかもしれません。

ご自身がどれぐらい払いすぎていたかを把握されるぐらいはしておいた方がよいと個人的には思います。

手遅れになる前に。

悠里司法書士事務所(大阪) 女性司法書士対応の事務所です。

Filed under: 過払い・債務整理のご相談 — yurioffice 4:21 PM

まだ間に合う?過払い請求

過払い請求が自分もできるかもしれないとも思いながらも、確信が持てない、時間がない、何だか面倒である、もう遅いと思いこまれているなどの理由で過払金の返還請求をされていない方が多数いらっしゃると思います。

もし、可能性があると思ったらご自身で判断されず専門家にご相談されるほうがよろしいかと思います。

過去に支払い終わった分は当然ですが、まだ支払続けている分でも実際にはかなり過払いになっている可能性もありえるのです。
この場合は、実は既に自分が支払うべきものをすべて返済し終わっているにも関わらず、まだ減らない借金の利息を毎月支払っている場合もあります。

特に昔からずっと借りたり返したりを繰り返している場合は、昔の金利を調べて頂ければと思います。
昔に高い金利で借りていた時期があれば、少なくとも今の債務の残額は減るはずですし、実は既に過払いが生じている場合もあるのです。

過払い金の返還請求には時効があります。
ただし、この判断は一般の方には少し複雑ですので、専門家にご相談頂いたほうが無難です。

当事務所では、過払いが生じているかどうか分からない場合でも、ご相談が可能です。
お気軽にご相談ください。

悠里司法書士事務所(大阪)  女性司法書士対応    
司法書士前川郁子

Filed under: 過払い・債務整理のご相談 — yurioffice 3:59 PM

プロミス社名変更の通知(変更後:SMBCコンシューマーファイナンス(株)

以前から発表されておりました通り、プロミスが平成24年7月1日付で
「SMBCコンシューマーファイナンス株式会社」と商号変更するとの通知が封書で届きました。

債務整理の受任通知等の連絡先や口座番号など変更なし、社名のみ変更での取り扱いとのこと。
「プロミス」ブランドは商号変更後も継続使用だそうです。

大阪の女性司法書士 悠里司法書士・行政書士事務所 所長 まえかわいくこ

Filed under: 過払い・債務整理日誌 — yurioffice 2:47 PM